風俗利用者は予想以上に多い

ケチだからって風俗は諦めない

自他ともに認めるケチです。お金がないんじゃないんです。無駄なことはしたくないんです。そして、自分のさす無駄とは「我慢できること」です。後は「他に代わりがあるもの」も挙げてよいかもしれないですね。例えば自分で作れるものなら別に買う必要もありません。スマートフォンのアプリで課金するのは楽しいかもしれないですけど、残らないという点では価値にならないので無意味です。ただ、風俗だけは別です。風俗は気持ち良いです。残らないものかもしれませんけど、他に代わりがないサービスでもありますよね。ただ、そこはやっぱりコストパフォーマンスも求めたいので、クーポンは必ず有無のチェックはもちろんですけど、メルマガも入りますね。気になったお店のメルマガを見て、お得なようであれば利用しますし、条件が厳しかったりあまり旨味がないようであれば他の風俗にします。こうしていろいろと考えて、自分が納得の出来る時間を過ごしたいなって気持ちがあるんですよね。

落ち着いた風俗嬢との白熱した一戦

彼女はOL系風俗嬢とでも言うんですかね。とっても落ち着きのある風俗嬢との一戦は、予想に反してかなり白熱した一戦となりました。それだけでも彼女を指名した甲斐があるというか、自分でもここまで熱戦になるとは思わなかったんです。もっと静かな展開になると予想していたんですよね。そして、ひっそりと発射して満足して終える。この日の風俗は頭の中でそんな展開をシミュレーションしていたんですけど、実際にはお互いがお互いを貪り合うかのような、まるでかつての昼ドラマのような白熱した一戦が繰り広げられましたね。それがまたとっても楽しかったんですよね。それに、落ち着いた雰囲気の彼女があそこまでのうこうなプレイをしてくれたって点に感情が動かされましたね。さも濃厚なプレイをしてくれるんだろうなって雰囲気を出している風俗嬢じゃなくて、見た目的にはとっても落ち着いた雰囲気の風俗嬢があそこまでしてくれるということ。そこに惹かれたんです。